ニキビの外的要因

ストレスや生活習慣、加齢によるターンオーバーやホルモンバランスの乱れがもたらす大人ニキビですが、外的な要因も加わって30代でも40代でもニキビと向き合う人たちがいます。

 

体の中の原因にまして外的な要因も多いからでしょう。ニキビでけでなくさまざまなスキントラブルの発生にもつながるのでしょうが、ニキビができてしまう外的な要因についてお話ししたいと思います。まずはメイク。体が疲れていてもストレスがたまっていても外出や仕事で向かう先へはメイクをする人がほとんどですね。

 

実はそのメイクが原因でニキビができることがあります。コスメティックアクネというのだそうですが、ファンデーションと皮脂が混ざって活性酸素により酸化されて肌ダメージを与えてニキビの原因を作ります。せっかくスキンケアできれいになった毛穴をファンデーションが塞ぐということもニキビの原因になりえます。

 

メイクはしないでOKならベストでしょうが、そうはいかないことのほうが多いでしょう。なるべく薄く仕上げるとか油分の少ない成分のメイク用品を選ぶなど工夫は必要ですね。またメイクは必要なければクレンジングで落とす等肌への負担をなるべく短時間で最小限にとどめておくことが大事でしょう。

 

メイクを落とさないで睡眠なんていうのはもってのほかです。またファンデーションのパフとかメイク道具はこまめに洗って常在菌など除去して 置く必要があります。菌は繁殖しますのでそのタイミングも考えて道具のお手入れもこまめにやりましょう。もう一つ大事なのは紫外線対策です。紫外線を浴びると活性酸素が大量発生します。

 

活性酸素はニキビを発生悪化させるものです。紫外線から肌を守ろうとして角質が厚くなることで毛穴を塞ぐことになり皮脂がたまりやすくなります。ニキビの悪化の原因になりますね。

 

日焼け止めもたくさん種類がありますが、肌への負担というリスクもあるので自分に合うものをさがすほうがいいでしょう。ニキビ対策用日焼け止めもありますのでまずはそちらから試すのもいいのではないでしょうか。