ニキビと食事

ニキビの原因は外的要因だけでなく、ストレスや生活習慣、加齢によるホルモンの変化などがいろいろ絡み合っているのが大人のニキビにはよくあることだというお話をよく聞きますね。

 

サプリメントの上手な活用方法もさることながら、生活習慣の一つである食事のほうもきちんとチェックしておくほうがいいでしょう。食事の偏りがないか、食べる時間は…というのもありますが食事の内容、つまりどんな食品がニキビを作ってしまうのか、どんな食品がニキビを悪化させないか、というのも重要ですね。

 

ニキビの原因となる活性酸素を除去するビタミンCや脂質の燃焼に働くビタミンBは積極的に摂るべきですね。ビタミンAは免疫力を高めるので外的要因から肌を守る作用があります。有効な成分を含む食品はたくさんありますが、ニキビ対策で注意しなければならない食品というのもチェックが必要です。

 

食生活にとって絶対的に摂ってはダメというのはないですが、ニキビに特化していうならば摂りすぎに注意して、食事をしていくというのが理想でしょう。炭水化物はエネルギーになるのですが過剰摂取は積極的にニキビを作ることになります。

 

甘いものも同様です。ケーキや洋菓子は分解する際にビタミンを多く使います。ビタミン類はしっかり補給しておきましょう。その前に限りがあるはずですから甘いものも食べ過ぎないようにしたいですね。

 

同様なことがいえるのが実は海藻類。ミネラルが豊富でいいんじゃない?と思いがちですが、たくさん摂取するとヨウ素が皮脂腺から排出されることになります。これってニキビの原因になりますね。

 

ミネラル豊富な海藻類はダイエットにも効果的な食品ですが、摂りすぎはニキビのできやすい状態を作るので注意です。あとは辛い物。こちらもダイエット、脂肪燃焼に一役買ってくれそうな食材ですが、内臓に負担をかけるのでやはり敏感な肌には好ましくないのです。

 

同様にアルコールも糖分を含むものがたくさんなので分解するのにビタミンを消費します。ニキビに効果的なビタミンが失われてしまいますね。食生活の乱れといっても過剰な摂取や偏った食生活をしなければいろんな栄養は取ったほうがいいのですから、バランスよくビタミンなどは積極的に摂るほうがベターでしょう。